パワクロトラクター

(株)あんてい・KL415PC, KL505PC, KL3450PC, KL28R-PC, KL34R-PC   田んぼのぬかるみにはまったホイールトラクターを助けに来るパワクロトラクター!

けん引力の強いパワクロ・同じ馬力でも作業機の幅アップ、時間も節約あぜ塗りに一番・地面にやさしいパワクロ・頼れる効率的なグリップ・どこでもスムーズに走れるパワクロメリットだらけのパワクロへの乗り換えをお勧めします。

PCはパワクロトラクターです

パワクロまたはセミクローラ(イセキ)、クローラのトラクターを紹介させていただきます。
型式の後ろに「PC」が付いていれば、これはパワクロという意味です。H仕様の場合は高速走行もできます。パワクロトラクターは後輪の代わりにクローラーがあります。
ホイールトラクターに比べるといくつかのメリットがあります。
機能的にはパワクロはホイールトラクターに負けません。

接地面が大きく、土に対してより小さい圧力をかけるパワクロトラクターは後輪駆動でも、あまり土に食い込みません。低接地圧とより大きなけん引力があるから、もっと広いロータリーやハローなどのアタッチメントが利用可能です。その上、カゴ車輪やストレーク車輪などは不要です。
パワクロトラクターは田んぼだけではなく、畑にも使えます。ホイールトラクターより耕すスピードが速いです。接地面積の広いパワクロは凸凹や傾斜のある土地でも作業機の姿勢が安定します
パワクロトラクターは冬が終わるとホイールトラクターより早く田んぼに出ることができます。

クボタパワクロトラクター

クボタはもう20年以上パワクロトラクターを製造しています。とても丈夫な機械なので、需要が増え続けています。
お客様から「パワクロの後輪部品の価格と交換金額が心配」との声をいただきますが、実は定期的にメンテナンスや部品の交換をするとそんなに費用はかかりません。
メンテナンスにおいて主な注意点を紹介させていただきます。

  1. 転輪と遊輪の油漏れ点検
  2. 転輪と遊輪のグリスアップやオイル交換(モデルによって違います)
  3. クローラガイドの摩耗の点検

弊社の整備士はよくパワクローの点検や整備を行っています。
パワクロのモデルはホイールトラクターとほとんど同じです。ただし、パワクロはゴムクローラのオプションがあります(モデルによって、もっと狭いクローラも利用可能です)
パワクロトラクターは新潟だけではなくて、福島、宮城、岩手、山形、秋田、千葉の農家様にも大人気です。
弊社のウェブサイトのカタログにてお客様は最適なトラクターをお選びできます。

最近、需要が増えて、パワクロトラクターも飛ぶように売れています。その為、春を待たずに気に入ったトラクターがあれば、ご予約ください。
株式会社あんていでは徹底的な整備が行われています。ぜひご連絡ください。